ホーム > RELAX IN KASHIWA(一覧) > 柏ビレジ

美しい景観の街~「柏ビレジ」

柏市の北西部に位置し、都心から約30kmの距離にある「柏ビレジ」は、東急不動産が建築家宮脇 檀(みやわき・まゆみ)氏と共同開発した街として知られています。1980年から分譲が開始され、総面積約64haと、東京ドーム約13.6個分に相当するエリアに総戸数約1,600戸、約5,000人が住んでいます。

エリア内には、桜や紅葉など四季折々の木々の美しさが楽しめる「近隣公園」と「水辺公園」の二大公園があり、住民や近隣の方々の憩いの場になっています。また、シンボルツリーとして、街区ごとに紅葉や銀杏、はなみずきなどが植栽されており、赤レンガとアイビーで統一された外観とともに、四季を通して美しい景観が保たれています。

しかし、近年、日本各地の大規模住宅地と同様に、柏ビレジでも高齢化の伸展に伴い、さまざまな課題が出始めています。現在、自治会を中心に、「若い世代も含め誰もが住んでみたいと思い、住んでいる人たちが住み続けたいと思う街」の実現を目指し、住民や市役所、大学などとの連携を図りながら、魅力的な街づくりが進められています。

今回は、柏の住宅地の中から「緑の都市賞」や「柏市都市景観賞」などを受賞した「美しい景観の街~柏ビレジ」をご紹介します。

柏ビレジ

●柏ビレジ自治会館:柏市大室1311-48(地図
●柏ビレジ近隣公園(約2ha):柏市大室13116地図
●柏ビレジ水辺公園(約6ha):柏市大室字根崎地図

RELAX IN KASHIWA(一覧)

以下の観光ページもご覧いただけます。

ページのトップに戻る